ハルシオンデイズHistory

HALCYON DAYS

ハルシオンデイズ、というエナメル細工の伝統工芸品は、英国王室御用達として広く知られ、国賓へのプレゼントとして使われることもあまりにも有名です。
イギリスのジョン・メイジャー首相が徳仁親王と雅子妃の結婚記念にプレゼントされたこともありました。
この国を代表するエナメル細工の品々が、国内の専門店では唯一、東京・銀座のOLD NEW INC.で正規にお買い求めいただけるのです。

正しく英国王室御用達と言えるロイヤルワラント所有

英国王室御用達の証である「ワラント」(認定証)にはロイヤルファミリーの紋章が授けられています。現在、約800の個人と企業がこのワラントを授かっていますが、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子とすべてのワラントを授かっているのは7社のみ。もちろん、伝統工芸品のエナメル部門ではこのハルシオンデイズのみです。

創業者のスーザン・ベンジャミンは20世紀半ばのエナメルボックスの熱心な収集家でした。エナメルボックスは18世紀中頃、ジョージ王朝時代に主に「つけぼくろ入れ」として珍重されましたが、1840年頃にはナポレオン戦争や産業革命によりエナメル職人の流出で姿を消していました。スーザンは収集が高じて製作販売を志し、1970年に会社を設立。ギリシャ神話に登場する「ハルシオン」こと「かわせみ」という美しい鳥の名前を社名に掲げました。

変わらぬ製法を今の時代へと〜ハルシオンデイズエナメルズ

ハルシオンデイズのエナメル細工は、先ず銅の型を製作し、表面にエナメルを吹き付けて約800度の釜で焼くという作業を少なくとも6回以上繰り返すという丹念なもの。
その後、さらにいくつもの工程を経て、絵筆で絵柄が描きあげられ、宝石のような細工を施した製品が完成します。この作業が200年前と変わっているのは、釜の燃料が薪から電気になったことだけ。希少な手作りで、今もひとつひとつが丁寧に作り上げられているのです。

オリジナルを作りませんか

オールド・ニュー・インクではハルシオンデイズのオリジナルボックスの製作を承っております。思い出の写真などをもとに、あなただけのエナメルボックスを作りませんか。王室御用達の職人の手により、世の中に二つとないあなただけの絵が、エナメルペイントとなり、色あせることなくいつまでも残ります。

PAGE TOP